[用語集]官爵叙任次第

  • 2020.09.11 Friday
  • 03:00

 まずは「五位の諸太夫」に叙任された人たち。一般の旗本にとっては、栄職といえました。

 

 『柳営秘鑑』によれば、「五位ニ被仰付面々」は次のとおり、

一 所謂万石以上城主之嫡子、無城ニ而も寺社奏者之嫡 若年寄之嫡 國持之次男或は三男

  御側衆 御留守居年寄 大御番頭 御書院番頭 御小姓組番頭 甲州詰小普請頭

  大目付 町奉行 御勘定奉行 御作事奉行 御普請奉行 小普請奉行 西丸御留守居

  京都町奉行 禁裏附 法皇御所附 仙洞附 伏見奉行近来万石以上 泉州堺政所 奈良奉行

  駿河御城代 久能奉行 勢州山田奉行 長崎奉行 日光奉行 御小姓衆無官も有之 大坂奉行

一 御三家竝松平加賀守家老五位被仰付、但御三家者六七人、内水戸は少し加賀守は四人、

  右衛門督殿(※1)附両人

 

 続いて「布衣の着用」を許された人たち。無位無官の旗本のうち、(六位相当とみなされた)

上級役職者にのみ、布衣の着用が許されました。

 

 同じく「布衣被仰付面々」は、

 小普請支配 御番頭 御書院番・御小姓組組頭 中奥御小姓 御小納戸 御旗奉行 御鑓奉行

 百人組頭 御持弓鉄炮頭 御先手 御鉄炮御用 御勘定吟味役 西丸裏御門番之頭

 二丸御留守居 定火消 御目付 御使番 御鷹匠頭 小十人頭 御徒頭 御船手

 一位様(※2)御用人 月光院様(※3)御用人 瑞春院様(※4)御用人 御廣敷御用人

 元方・払方御納戸頭 御腰物奉行 奥御祐筆組頭 浦賀奉行 佐渡奉行 二條御城番

 大坂御船手 駿河御城番 駿河町奉行 伊奈半左衛門(※5) 林百助(※6)

 竹姫君様(※7)御用人 養仙院様(※8)御用人 法心院殿(※9)御用人

 

 布衣以上の(布衣の着用を許された)役人を「重き御役人」ともいいました。また布衣以下の

(布衣の着用を許されていない)旗本のことは「平士」ともいいました

 

※1)徳川右衛門督(宗武)。八代将軍吉宗の次男で、田安徳川家の祖

※2)天英院。六代将軍家宣の正室

※3)六代将軍家宣の側室で、七代将軍家継の生母

※4)五代将軍綱吉の側室

※5)関東郡代伊奈忠逵

※6)林大学頭(信篤)の子

※7)浄岸院。八代将軍吉宗の養女

※8)五代将軍綱吉の養女

※9)六代将軍家宣の側室

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

link

江戸北町奉行所 公式ウェブサイト
江戸北町奉行所 公式ウェブサイト

にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 歴史ブログ

人気ブログランキング

link2

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM