町方同心の給与(暫定版)

  • 2020.08.26 Wednesday
  • 16:08

 「町方与力同心の給与:与力篇(前)」を書いてから、早くも二年半が経ってしまいました、

 続編を書くため、一つひとつ史料に当たる気力がなかなか涌かず、先延ばしにしていたところ、2018年の暮れに倒れてしまい、以来半身麻痺のため、集中力の低下と著しい入力効率の悪化でどうにも根気がつづきません。とはいえ、アクセスログを見ると、「町方与力同心の給与」に関する記事を目当てに来られる方がもっとも多く、このまま続きを書かないのも申し訳ない気がしています。そこで手間のかかる作業は省いて、町方同心の給与について、簡単にまとめてみたのが本記事になります。

 

 「天保年間諸役大概順」によれば、「諸組同心」は三十俵三人扶持より十五俵二人扶持迄となっていますが、町方同心は本勤ならば、三十俵二人扶持が原則で、「組役:組与力同心の階級」でも触れたように、部屋住みの増人同心の場合には、二十俵二人扶持で親との同居になるため、拝領町屋敷はありませんでした。

 これに役料込みの総額は南北両組で若干の差がありました。文政年間ごろの姓名書をみると、北組では役料込みの三十四俵宛が十五人、同じく三十三俵宛が五人、役料なしの本勤が三十俵宛で八十人、増人の二十俵宛が二十人となっています、

 

■画像1)北組同心の切米高(北組姓名書。国会図書館デジタルコレクション)

北組同心給与

 

 一方、南組では役料込みが北の二十人よりも多く、高も三段階に分かれています。すなわち、三十五俵宛が二十人、三十三俵宛が五人、三十一俵宛が七人で、役料なしの本勤が六十八人、増人は南北で変わりません。

 

■画像2)南組同心の切米高(南組姓名書。国会図書館デジタルコレクション)

南組同心給与

 

 切米は五十俵、あるいはそれ以上もらっていた人の記録もありますが、扶持米に関しては二人扶持以外の人を見たことがありません。一人扶持は五俵で換算することになっていますから、町方組同心に限っていえば、扶持米は二人扶持でおよそ十俵と計算しておけばいいかと思います。

 

 ついでに、拝領屋敷について、もう少し詳しく触れておきます。町方与力同心の拝領屋敷といえば、八丁堀組屋敷図に関する研究で知られる都市計画研究家の中村静夫さんによる分析にもあるように、組与力同心の大半が拝領屋敷の一部または全部を他人に貸して、副業(不動産経営)としていたことはつとに知られています。武家地たる与力の拝領屋敷には、町人をあからさまに住まわせるわけにはいきません。そこで儒者や医者、検校や手習いの師匠、それに自分の拝領町屋敷をすべて他人に貸してしまった同心など、武家地にふさわしい住人を選んで貸していました。八丁堀の七不思議のひとつ、「儒者、医者、犬の糞」という言葉のいわれがわかろうというものです。

 

■外縁部を町人地であることを示すグレーで囲み、武家地と町人地の混在を表現している江戸切絵図(八町堀細見絵図。国会図書館デジタルコレクション)

八丁堀の拝領町屋敷

 

 では、組同心の場合にはどうだったのでしょうか。じつは組同心の拝領「町」屋敷は、武家地たる与力の拝領屋敷とは大きく異なり、本人の住居こそ武家地として扱われるものの、拝領町屋敷全体は町人地とされ、歴とした町名(亀島町、北島町、岡崎町)もあり、町名主の支配も受け、町人に貸すことが許されていました。そこで大半の組同心は百坪弱の拝領町屋敷に、本人は二、三十坪ほどの屋敷を構え、表通りに面したところは商人に貸し、残りの土地には貸し長屋を建てて、町人相手に賃貸していたわけです。

 なかには、拝領町屋敷をすべて他人に貸してしまって、本人は他の組与力同心の敷地内に賃借する人もいました。中村主水のご近所さんが貧乏長屋の住人ばかりだったとしたら、せんとりつももう少し世間体を気にせずに、やさしくなれたかもしれませんね。

 

 与力株は千両、同心株で二百両なんて話もありますが、実際のところ、町方同心のお財布事情はどうだったのでしょうか、本勤の同心で三十俵二人扶持をまずは四十俵と換算し、十俵を三両から三両二分とすると、金にして年間およそ十二両から十四両ほどの基本収入があるということになります。これに諸手当や、各筋からの付届なども加味すると、拝領町屋敷があって、住むところに困らないばかりか、副収入(賃貸料)までついてくるわけですから、裕福とはいえないまでも、決して悪くはない暮らしぶりだったのではないかと思います。

 では、彼らの年収を今日の貨幣価値に置き換えるといかほどかという問いについては、当時の貨幣価値を、社会構造や身分制度、経済システムや人の価値観など、何から何までが異なる現代の貨幣価値と比較することはまったくの無意味であるばかりか、むしろミスリードを招き、弊害の方が大きく、おすすめはしません。それでもなお、ということであれば、一両=二十万円ほどで計算してみると、割とおさまりのいい数字になるかもしれません。

 

(2020年8月26日公開)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

link

江戸北町奉行所 公式ウェブサイト
江戸北町奉行所 公式ウェブサイト

にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 歴史ブログ

人気ブログランキング

link2

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM