大相撲が帰ってくる

  • 2020.07.10 Friday
  • 03:01

 今月十九日から、大相撲七月場所が再開されるようです。

 夏場所は中止になってしまっただけに、七月場所こそは無事に千秋楽を迎えてほしいものです。

 大関に昇進した朝乃山関への期待も膨らみます。先に大関となったものの、怪我による休場などで、さいきん活躍のなかった貴景勝関がどう迎え撃つのでしょうか。若い両大関の激突にも注目が集まります。

 怪我で大関から序二段まで陥落した照ノ富士関の復活劇や、新入幕の二十歳・琴勝峰関など、本当に楽しみです。

 七月場所は本来なら、名古屋開催のはずですが、これもコロナ禍のため、両国国技館での無観客開催となるようです。

 

 両国といえば、『御府内備考』等の地誌によれば、江戸時代前期、利根川の東遷事業により、本所村を含む下総国葛飾郡の葛西領が武蔵国に編入され、武蔵国葛飾郡となったのだそうです。

 これが「大橋」を「両国橋」といわしめた謂れなんですね。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

link

江戸北町奉行所 公式ウェブサイト
江戸北町奉行所 公式ウェブサイト

にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 歴史ブログ

人気ブログランキング

link2

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM