廻り方同心の大量処分

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 15:28

 北町奉行所隠密廻同心・神田造酒右衛門については、以前の記事で少し触れましたが、造酒右衛門には吉十郎という忰があり、彼も同じ廻り方で臨時廻りを勤めていました(※1)

 文政十一(1828)年ごろには、父から忰への番代があったようで、吉十郎は名を造酒右衛門と改めています。この造酒右衛門が使っていた手先に、三之助という博徒の親分がいました。三之助は人宿(※2)を業とする一方で、自らも先手加役(火附盗賊改)松浦忠右衛門の中間部屋頭を務め、こともあろうに火附盗賊改の松浦屋敷で夜ごと賭場を開いて、大きな利益を上げていました。三之助はそうやって稼いだ金の一部を各方面の役人にあれこれと理由をつけてはばらまいたといいます。それだけに三之助の勢力は大変なもので、あちこちに三之助と気脈を通じた者たちがいましたから、捕まるということもありませんでした。魚心あれば、水心ありということでしょうか。三之助の名は、ついに幕閣の耳にまで届きます。

 やがて三之助は、松浦の相役(※3)で、老中大久保加賀守の内意を受けた矢部彦五郎(後に勘定奉行・南町奉行を勤めた矢部駿河守)の計略にかかり、捕らえられてしまいます。天保二(1831)年五月二十七日、公事方勘定奉行曽我豊後守から三之助以下関係者への判決が下り、三之助は遠島、主人の松浦も御役御免の上、差控となりました。この一件では、三之助や松浦の他にも多くの役人が処分を受けています。三之助を手先に使っていた造酒右衛門もその一人で、『藤岡屋日記』によれば、重追放という重い処分を受けています。その他、北組では定廻りの豊田磯右衛門、南組では定廻り、臨時廻りの合わせて九人が押込の処分を受けました。しかし、造酒右衛門以外はこの後も廻り方同心として勤めています。北からは重追放となる者が出、南は定廻り、臨時廻りのほぼ全員が処分されるという事態を江戸の人々はどのように受け止めたのでしょうか。当時の役人と裏社会との関係が伺われる興味深い事例といえるでしょう。

 

※1)三田村鳶魚翁は、なぜか造酒右衛門を(用部屋の)手附同心であったと述べていますが、上述のとおり造酒右衛門は当時臨時廻りで、用部屋手附であった形跡はありません。先代の造酒右衛門が「御用掛(隠密廻)」であったのを「用部屋手附」と勘違いしたのかもしれません。

※2)奉公人の周旋・仲介を行う業者。口入れ屋

※3)火附盗賊改は先手からの加役(兼職)で、ふつう加役方といえば火附盗賊改をさします。また、一年を通じてこの職にある者を火附盗賊改の本役といい、十月から翌年三月まで火災の多い冬期のみ勤める者を火附盗賊改の加役ともいいました。加役の本役と加役の加役というわけです。ずいぶんややこしいですね。

 

(2020年5月3日加筆修正)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

link

江戸北町奉行所 公式ウェブサイト
江戸北町奉行所 公式ウェブサイト

にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 歴史ブログ

人気ブログランキング

link2

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM